フランクフルトが1試合5得点FWを正式獲得へ(日刊スポーツ)

フランクフルトが20歳FWルカ・ヨビッチを正式に獲得すると、23日の独紙ビルトが報じた。ヨビッチはデュッセルドルフ戦で5得点を挙げて、評価が急上昇している。

現在はベンフィカから19年4月30日までのレンタル移籍中で、フランクフルトは買い取りオプションを行使するつもりだ。スポーツディレクターのヒュブナー氏は「レンタルで獲得した際に、彼の才能についてわかっていた。成長過程を信じていたし、早い段階で正規に獲得するという決断をしていた」とコメントした。

買い取りオプションは19年4月30日までならいつでも行使することができる。金額は800万ユーロ。ヒュブナー氏は「すべて解決している。我々とルカの間でも合意に達している」と話していた。

【関連記事】


Source:

Rマドリード・マルセロがユーベ移籍画策と英紙(日刊スポーツ)

レアル・マドリードDFマルセロは1月にユベントスに移って、再びクリスティアノ・ロナウドとチームメートになることを画策していると、23日に英紙サン電子版が報じた。

クラブ側に退団したい旨を伝えたという。ユベントスはマルセロに対して、4400万~5300万ポンドを支払う必要がある。マルセロはレバンテ戦でゴールを決め、チームの連続無得点記録を止めたが、試合は1-2で敗れて公式戦5試合連続未勝利。マルセロは今夏にもユベントスへの移籍をうわさされていた。

【関連記事】


Source:

「僕にとって感極まる瞬間」C・ロナウドがオールド・トラフォード凱旋(ゲキサカ)

 ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドが、2012-13シーズン以来となるオールド・トラフォード凱旋を果たす。

 23日、UEFAチャンピオンズリーグの第3節で、ユベントスは敵地でマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。かつて、赤い悪魔の背番号7としてプレーしたロナウドは前日会見に臨み、「ここに戻るのは僕にとって感極まる瞬間だ」と想いを語った。『ミラー』がコメントを伝えた。

「ここで僕は多くのトロフィーを獲得した。受けたサポートについても記憶に残っている。本当にすばらしかった。ここには勝利や愛情、そしてなんといってもアレックス・ファーガソンとの思い出が詰まっている。僕は彼のことを死ぬまで忘れない。最大限の敬意を払うつもりだ。僕をここまで育ててくれた人物なのだから」

「難しい試合になるだろう。ユナイテッドがいいチームということはよくわかっている。しかも相手のホームだからね。だけど僕らにも武器はある。チャンスはあるはずだ。もし監督の望むようなプレーができれば、勝てるチャンスはあると思うよ」

 2009年にマンUを離れて以降、オールド・トラフォードへの凱旋は2度目となる。1度目はレアル・マドリーでプレーした2013年3月5日、決勝トーナメント1回戦の第2戦で、ロナウドは後半24分に逆転弾を蹴り込み、勝利に導いた。

 グループHを戦う両軍だが、ユベントスは開幕から連勝で首位。マンUは1勝1分で2位となっている。

【関連記事】


Source:

NIPPOが中国でツアー・オブ・ハイナンに出場 9日間の超級レースに日本人選手5人が参戦(Cyclist)

 UCIプロコンチネンタルチームのNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが、10月23日から30日まで9日間で行われる、中国でのUCIアジアツアー「ツアー・オブ・ハイナン」に出場する。7選手がエントリーし、うち5人が日本人選手。シーズン最後のステージレースに挑む。

 ツアー・オブ・ハイナン(UCIアジアツアー2.HC)は今年で13回目の開催を迎える、中国南部に位置する“東洋のハワイ”とよばれるビーチリゾート、海南島を舞台にしたレース。以前より、賞金が高額ということもあり、シーズン最後に多くのヨーロッパトッププロがこの地でしのぎを削ってきた。
 今年は島の北西部に位置するDanzhou(ダン州市)を起点/終点とし、9日間かけて島を時計回りに一周するコースレイアウトで、平坦ステージ、丘陵ステージ、超級山岳山頂フィニッシュなど、バラエティに富んだステージで構成されている。
 今年はNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニなど7つのプロコンチネンタルチームを含む全20チームが参加。超級(HCクラス)にカテゴライズされる大会だが、今年はUCIワールドツアーチームの参戦はない。
 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、福島晋一監督のもと、7人の選手が出走。集団ゴールスプリントの展開では、吉田隼人、岡本隼、イメリオ・チーマのスプリンターたちが勝利をめざす。そして山岳ステージでは、伊藤雅和をチームリーダーとして、個人総合成績上位を狙う。内間康平と西村大輝はアシストとしての走りが期待される。
 また、今季で引退するアラン・マランゴーニも出場。沖縄でのトレーニングキャンプを経て、調子を上げての参戦となる。スプリンターたちの牽引役、そしてチームをまとめるキャプテンとして、チームの大黒柱を担う。

●伊藤雅和のコメント
 気温が高く距離も長い9日間のレース。身体の状態としてはしっかり練習はしてるものの、コンディションが上がってこないフラストレーションが溜まる状態。走りながらコンディションが戻ってくれることを願う。山もたくさんあるので前で展開できるように集中して走りきりたい。
●内間康平のコメント
 シーズンも終盤に近づいているが、上手く休みを取り入れながらこなしてきた今シーズンは、まだまだ全開で行けると思う! チーム全員でステージに合わせた作戦をしっかり詰めて、勝ちにいきたい!
●吉田隼人のコメント
 前のレース、タイフーレイクは体調不良でリタイアしてしまった。リタイアしたその日から回復に努め、今回このレースは、体調を整えて走ることができる。前のレース前とは違い、今はレースを走るのが楽しみな状態。引き続き結果を求め走ります。応援よろしくお願いします。
●西村大輝のコメント
 前回のタイフーレイクでは、第2ステージを除き、全体的に調子良く走れていたので、今大会もその流れに乗っていけるよう、帰国後も体調管理を徹底してきた。ステージ数に加え、距離の長いステージ、ハードな山岳ステージが含まれるため、より一層、厳しいレースになると思うが、チームに貢献できるよう全力を尽くしたい。
●岡本隼のコメント
 前回のタイフーレイクから1週間、走らせて頂けることに感謝しなければならないし、それを走りで返さなければならないと思っている。タイフーレイクでは安定した走りで全ステージをクリアできたが、逆に言えばここ1番の速さと、結果を出せなかった。そういったとこを踏まえて修正し全9戦に臨み、走りでチームに貢献したい。

「ツアー・オブ・ハイナン」公式サイト
「NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ」ウェブサイト

【関連記事】


Source:

敗因は解説者泣かせの一打【佐藤信人の視点】(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

テレビ中継の解説をしていると、言葉に詰まってしまうようなシーンがいくつか存在します。

【写真】フィアンセと一緒にバンザイ!

それは選手一人ひとりが、哲学やポリシーを持っており、そのうえでしのぎを削って戦っている領域に、当事者以外の者が理解しようと努めてもナンセンスとなってしまうからです。

「ブリヂストンオープン」は、今平周吾選手と川村昌弘選手のデッドヒートで、最後まで結末が読めない激しい展開となりました。二人の勝敗を分けた場面は、最終日の16番(パー5)のティグラウンド。この時点で川村選手は、2位の今平選手に2打差をつけていました。16番は大きく曲がった左ドッグレッグで、ティショットの落としどころが非常に狭い難ホール。セオリー通りのマネジメントでいくのであれば、着実に255yd地点の曲がり角に置き、セカンドショット以降の勝負というシーンでした。

そこで川村選手が手にしたのは1W。前日も同じ状況で1Wを握り、左の林に入れてしまったにも関わらず、彼が選択したのは同じクラブでした。状況としては残り3ホールで2打差。リスクを恐れずチャレンジする場面ではなかったというのが、大半の見方だったと思います。

彼が放ったティショットは左カーブすれすれを狙い、一度はフェアウェイに落ちましたが、そのままコロコロと横切る形で転がり林に突っ込んでしまいます。一方の今平選手は5Wを選択し、セオリー通りフェアウェイをキープ。3オン1パットでバーディを獲ります。川村選手は3オンさせるものの2パットを要してパーとし、今平選手の追撃を許してしまったのです。

もともと川村選手は、飛んで曲がらないドローボールが武器。昨季の前半、球筋をややフェードに変更させようと球を置きにいく姿が見られ、少し迷いを感じる時期がありました。昨年の後半あたりから元の姿に戻し、1Wを振りきる本来のスタイルで調子を上向かせていました。彼が1Wを選んだ理由は、刻むべきホールでも1Wをしっかり振りきるという信念からくるもの。昨季の後半から心に決めたポリシーを、最後まで貫きたかったという考えがあったのだと思われます。

その反面で、あの状況で1Wを持つリスクはあります。国内外のどの解説者を探しても1Wを選択すべきと唱える人はいないと言えるでしょう。ただ、世界を渡り歩き、数多くの選手を見てきた川村選手の意図するものは、それほど単純ではなく、別にあるような気がしています。信念を曲げてひとつの優勝に固執するより、一度でも自分を見失うことのほうが罪。一大会の結果ではなく、先のゴルフ人生を見据えていたのではないかと思うのです。

プロの世界は結果がすべて。クローズアップされるのは順位ばかりですが、彼らが戦い続ける背景にはそれぞれの人生観や哲学があり、あえて説明して歩くことのできない毎ショットの意図が存在するのです。

【関連記事】


Source:

清水FWクリスランが全治8カ月と判明 広島戦で右膝負傷(スポニチアネックス)

 J1清水は23日、FWクリスラン(26)が静岡市内の病院で検査を受け、右膝前十字靭帯損傷で全治まで8カ月を要する見込みと診断されたと発表した。

 20日の明治安田生命J1リーグ第30節・広島戦(アイスタ)に先発出場したが、前半37分に負傷交代していた。昨季仙台でJ1リーグ戦29試合8得点の成績を残したクリスランは今季ここまでJ1リーグ戦24試合に出場して5得点をマークしていた。

【関連記事】


Source:

CBとして日々成長…三國ケネディエブスが秘める「絶対に負けない」気持ち/AFC U-19選手権(SOCCER KING)

 今大会、唯一の高体連選手となったDF三國ケネディエブスは、192cmの長身を誇り、高い打点のヘッドは攻守において貴重な武器になる。青森山田中までは大型ストライカーとして名を馳せ、青森山田高に上がると昨年まではCBとFWの兼用だったが、今年からCBとして一本化された。

 すると、CBとして必要なプレーを日を追うごとに吸収していき、今年に入ってスペックは急上昇。高さだけでなく、守備面でも影山雅永監督の信頼を勝ち取って、今回のAFC U-19選手権と戦う日本代表入りを果たした。

 初戦の北朝鮮戦では3-2とリードした89分に守備のクローザーとして投入され、初めてのアジアの決戦のピッチに立つと、第2戦のタイ戦では先発フル出場となった。

「緊張しました。ゲームの流れには緊張したけど、みんなが鼓舞してくれたのでゲームにはしっかりと入ることができました」と語ったように、立ち上がりは動きが固く、CBでコンビを組む橋岡大樹(浦和レッズ)と、ボランチでキャプテンの齊藤未月(湘南ベルマーレ)からも声を掛けられながら、徐々に落ち着きを取り戻した。

 空中戦で存在感を見せる一方、地上戦では「タイの攻撃は背後を狙って繋いできたり、蹴ってくる形だったので、どうしても裏を取られたくない意識が強くなってしまった」と語ったように、相手2トップが果敢にDFラインと駆け引きを仕掛け、カウンター時は両ウイングバックも絡んできたことから、守備の重心がどうしても後ろに下がってしまった。

 攻撃陣が前半で3点を獲ってリードを広げたが、54分にタイのFWスプハナットが投入されると、前線に常に3枚を置く攻撃的布陣となり、彼のスピードと技術に苦戦を強いられた。

「11番(スプハナット)が途中から入ってきて、かなり足が速くて背後を狙ってくることがスカウティングで頭に入っていました。なので、より裏を警戒しすぎて、前に狙えませんでした。そこで守備のバランスを崩され、プラス背後を気にしすぎて前に全然行けなかったです」

 前へのアプローチが甘くなり、相手にディフェンスラインの前で前向きにボールをもたれるようになった。それでも要所では身体を張り、失点を1に抑えて3-1の勝利とグループリーグ1位通過、決勝トーナメント進出を掴み獲った。

「FWの時は競るとか、背後を取る意識だったのですが、CBになって『背後を取られたくない』という気持ちが強くなりました。背後は一発で取られちゃうと即失点に繋がってしまうので、そこへの気配りは相当なものがあります。でも、そこに気を配りすぎて、今日のように前に出る力が弱まってしまったら意味がない。そこは凄く考えるところです。でもこういう試合を経験できたので、周りの人とコミュニケーションを取って、自信を持ってやりたいです」

 試合後、こう話した三國だが、心の中には『負けず嫌い』の炎が煌々と燃えていた。

「高体連を代表している気持ちはありますし、同い年のJユースの選手には絶対に負けたくない。同じポジションに瀬古(歩夢)がいて、U-16でアジアユースを経験しているし、今はJ3でプレーをしています。そういう経験の差があると思うので、同い年ですがレベルが彼の方が高い分、試合や練習で良いと思う部分は盗んで、自分が上に行くという強い気持ちを持っていれば結果には繋がると思います。仲間ですが、そういう選手に負けないようにやっていきたいです」

 浮き出た自分の課題と真摯に向き合い、かつライバルと切磋琢磨をしてともに世界の切符を掴み獲る。三國ケネディエブスは成長のための大きな一歩を踏み出した。

取材・文=安藤隆人


Source:

“芝ダ兼用の大ベテラン”ブライトラインが安楽死(スポニチアネックス)

 12年ファルコンSと13年みやこSの重賞2勝を挙げたブライトライン(牡9=鮫島)は、先週の室町S(14着)のゴール手前で左前脚に故障を発症したため、安楽死処分となった。

 鮫島師は「ダービーに出たし、ドバイにも連れて行ってもらった。芝ダートを問わず、長く走ってくれたし、本当に名馬です」と愛馬を悼んだ。通算成績45戦7勝。総獲得賞金2億7150万4000円。

【関連記事】


Source:

星稜、引き分け再試合を制して北信越大会優勝(スポーツ報知)

◆北信越地区高校野球大会決勝・再試合 星稜7―4啓新(23日・ハードオフエコスタジアム新潟)

 22日に延長15回2―2の引き分けとなった決勝の再試合が行われ、星稜が24年ぶり8回目の優勝を果たし、明治神宮大会出場を決めた。

 前日の13回に強襲ライナーを左手首に受けながら15回17奪三振で完投したU18日本代表右腕・奥川恭伸(2年)は、再試合には出場しなかった。左手首は打撲で骨にも異常はなく「神宮大会では投げるつもりです」と話した。

 星稜は3―3で迎えた7回2死満塁から、4番・内山壮真遊撃手(1年)が中前に決勝の2点適時打を放った。前日の試合で6打数無安打に終わり、春の石川県大会初戦のデビュー以来続いていた公式戦連続試合安打が「23」でストップした内山は、「ここで1本打って、チームを救いたかった。もう記録も意識しなくていいと割り切れて、気楽に打てた」。各地区の優勝校が集まる神宮大会へ向け「自分の力を発揮して、4番として全国制覇に導きたい」と力強く話した。

 すでに3季連続甲子園出場も確実にしており、「全国制覇」を目標に掲げている。2日間、計24イニングの決勝を制した林和成監督(43)は「やっと終わったなと、うれしさもこみ上げているが、すでに気持ちは次(神宮)へ向いている。センバツにもつながるよう、神宮では1試合でも多く戦いたい」と決意を新たにしていた。

【関連記事】


Source: