日本、12大会ぶり優勝=野球ハーレム国際

野球のハーレム国際大会は22日、オランダのハーレムで決勝が行われ、大学日本代表は台湾を5-0で下し、1994年以来、12大会ぶり4度目の優勝を果たした。 日本は四回に1点を先制。六回には岩城(九産大)の3点本塁打などで4点を挙げて突き放した。(時事)(2018/07/23-01:09)
Source: gunosy.com

辻監督「勝てると信じた」終盤逆転劇で連敗ストップ

西武対楽天 試合後、辻監督(左)とタッチを交わす秋山(撮影・狩俣裕三)<西武6-3楽天>◇22日◇メットライフドーム 西武が終盤の逆転劇で連敗を2で止めた。1点を追う8回に「9番DH」で起用されたメヒアが左前打で出塁。続く秋山の右中間を破る三塁打で同点とすると、源田の適時打、外崎の適時三塁打で、この回一挙4点を奪って勝ち越した。 デーゲームで2位日本ハムが勝ち、負ければ首位陥落の危機を阻止。辻発彦
Source: gunosy.com

ミエノサクシード「牡馬相手でも」期待/中京記念

ミエノサクシード(牝5、高橋亮)は朝一番の坂路でキャンター。ゆったりとした走りが印象的だった。 「軽めの調整。体調面の上積みはあると思う」と高橋亮師。もともと能力は高かったが最近はスタートが上達し、さらに安定感を増した。師は「牡馬相手でも」と期待する。
Source: gunosy.com

横浜・度会、また打った!七回コールド8強/南神奈川

第100回全国高校野球選手権大会南神奈川大会(21日、横浜10-2藤沢清流=七回コールド、相石ひらつか)横浜が10-2で藤沢清流に七回コールド勝ちし、南神奈川大会の8強に進出。元ヤクルト内野手(現球団職員)の博文さんを父に持つスーパー1年生、度会は7-2の四回二死一、三塁で代打で登場し、3試合連続安打となる中前適時打を放った。「ああいう場面で使ってもらえて感謝です」と初々しく笑い、平田監督も「1年
Source: gunosy.com

阪神、一発攻勢で連敗を5で止める ロサリオ初の2連発、糸井は復帰弾

阪神・ロサリオ

● DeNA 5 - 7 阪神 ○
<13回戦・横浜>
 阪神は後半戦初勝利で連敗を5でストップ。ロサリオが来日初の2打席連続弾を含む3打点、右腓骨(ひこつ)骨折から復帰した糸井は11号3ランを放ち、役者が戻った打線が機能した。
 阪神は2回、18日の巨人戦から一軍に戻ってき5番ロサリオが、復帰後初アーチとなる5号ソロを左翼席へ運んだ。1-2の3回は3番福留が同点適時打を放ったあ
Source: gunosy.com

糸井、復帰戦でチーム救う3ラン!連敗5で止めた ロサリオも爆発2打席連発

◇セ・リーグ 阪神7―5DeNA(2018年7月21日 横浜)

<D・神>3回1死一、二塁、糸井は右中間に勝ち越し3ランを放つ(投手・石田)=撮影・大森 寛明

 右腓骨(ひこつ)骨折で離脱していた阪神・糸井嘉男外野手(36)が21日のDeNA戦に「4番・右翼」で復帰。第2打席で3ランを放ち、チームの勝利に貢献。阪神は連敗を5で止めた。
 初回の第1打席は一邪飛に倒れたが、3回1死一、二塁で迎
Source: gunosy.com

大谷、60球程度のキャッチボール GM「凄く良いニュース」

19日(日本時間20日)の右肘の再検査で投球再開が認められたエンゼルス・大谷が20日(同21日)、本拠地でのアストロズ戦前に水原一平通訳を相手にキャッチボールを行った。
 約20メートルの距離で60球程度、約10分間。セットポジションや助走をつけてのキャッチボールで投球フォームなどを確認した。
 屋外で行ったフリー打撃では35スイング中、柵越え3本だった。試合は「5番・DH」で出場する。
 ビリー
Source: gunosy.com

エンゼルス大谷、笑顔で二刀流調整 指揮官「セイゲンナシになってとてもハッピーだ」

投球練習再開が可能になり、試合前にキャッチボールをするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が20日(日本時間21日)、アストロズ戦の試合前に二刀流調整を行った。 後半戦初戦となる同カードで「5番・指名打者」で出場することが決まっている大谷。試合前に行われた全体練習ではフリー打撃で35スイングのうち柵越えは3本と少なめだったが、鋭いラインドライブの打球を連発した
Source: gunosy.com

DeNA・桑原 サイクル安打達成!史上67人目

8回、二塁打を放ちサイクル安打を達成したDeNA・桑原将志=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)

 「DeNA-阪神」(20日、横浜スタジアム) DeNA・桑原将志外野手が、67人目のサイクル安打を達成。偉業を成し遂げた。 八回、高橋聡から左中間へ二塁打を放ち、偉業を達成した。 初回からエンジン全開だった。1点を追う一回、阪神・秋山の外角の変化球を捉え、左翼席への同点6号ソロ。この試合前まで、7月は
Source: gunosy.com

ソフトB今宮が復帰後初アーチ 日ハム上沢に粘り勝ち 10球目を左翼席へ

◆日本ハム-ソフトバンク(20日・札幌ドーム) ソフトバンクの今宮が、右肘関節炎から復帰後3試合目で初アーチを放った。 2点を追う7回。日本ハム先発・上沢から粘った末の10球目、外寄り低めの変化球を捉えた。左翼席ぎりぎりに吸い込まれる4号ソロで上沢を降板に追い込んだ。 今宮の本塁打は6月5日のヤクルト戦以来。「先頭だったので何とか出塁しようと。体がうまく反応してくれた」とうなずいた。=2018/0
Source: gunosy.com